環境の取り組みについて

4.1.1

環境への責任

持続可能性への貢献

ノーボードOSBを生産するために使われる原木は、たとえ製材には不向きでも、生長が早く早期に再生利用が可能な小径木を使用しています。原木の樹種は、スプルース、パイン、ファー等の針葉樹とアスぺン、ポプラ、カバ等の広葉樹で、製造過程で生じる樹皮やチップは工場のエネルギーシステムの燃料として利用されます。これにより、 原木のすべてが100%活用されることになります。

ノーボードOSB は極少量のまたは非ホルムアルデヒド系樹脂接着剤を用いて、VOC(揮発性有機化合物)を添加せずに製造されています。 APA による試験結果では、法律に定められた基準値を大きく下回るホルムアルデヒド放散量(0.05mg/L 以下)であったことから、ノーボードOSB には日本農林 規格(JAS)の中で最高の格付けとなるF☆☆☆☆(フォースター) マークが与えられ、建築基準法による面積(使用量)制限を受けません。

enviro-02

持続可能な森林管理

カナダ連邦政府と州政府の指示のもと、ノーボード社は将来にわたる持続可能な森林管理を実施し、原料および加工品の長期的な供給のための環境保護体制を確立しています。また、日本向け製品を生産する工場すべてが、PEFCTM※からのCoC(Chain of Custody:加工 流通過程の管理)認証を取得しています。

※PEFC森林認証プログラム(Programme for the Endorsement of Forest Certi cation Schemes):PEFCは林業関係企業や政府、環境団体など多くのステークホルダーが参画し、世界149カ国の政府によって支持されている国際統括組織。世界の森林の85%をカバーする森林管理のための森林認証制度の審査や相互承認を推進しています。

枠組壁工法建築では…

下地材として抜群の強度と省エネ性を発揮。工期の短縮にもつながります。 More

木造軸組構法建築では…

軸組構造を効果的に補強する下地材として活躍。他にも様々な効果をもたらします。 More

産業/非構造用途

業界の先端を行く生産技術と製品開発力をもって、新世代のストランド製品を提案。それぞれの産業用途に最適の性能と外観仕様にてお届けしています。 More