工務店向け情報 - 枠組壁工法建築 - 野地板

野地板の設置roof-sheathing-2

(例:910mm x 1820mmの設置)

ノーボードOSBの野地板は、片面に滑り止め
加工が施されているため、屋根施工も
安全にできます。

野地板の設置*

  • ノーボードOSBの長手方向が垂木またはトラス上弦材と直行するように取り付けます。
  • それぞれのパネルが3本以上の垂木やトラス上弦材に釘打ちされるように千鳥張りします。
  • 雨や高湿時の膨張を考慮し、パネルのジョイント部は約3mmの隙間を残します。
  • 本実加工(T&G)付きOSBを用いることにより受け材を省略でき、手早い取付けが可能になります。
  • 推奨OSB等級:3級
  • 詳細は、住宅金融支援機構が発行した“枠組壁工法住宅工事仕様書”をご参照ください。

枠組壁工法建築では…

下地材として抜群の強度と省エネ性を発揮。工期の短縮にもつながります。 More

木造軸組構法建築では…

軸組構造を効果的に補強する下地材として活躍。他にも様々な効果をもたらします。 More

産業/非構造用途

業界の先端を行く生産技術と製品開発力をもって、新世代のストランド製品を提案。それぞれの産業用途に最適の性能と外観仕様にてお届けしています。 More